ガイドブックの改訂前後

本ブログからリンクを貼ってある,「若年性認知症支援ガイドブック」ですが, 私が以前ダウンロードして印刷した【改訂前】版と, 現行(平成28年?)の【改訂後】版との違いはいろいろありますが, 公務員の障害年金の部分も平成27年10月の年金一元化(厚生年金と共済年金が一本化された)を受けて,ちゃんと改定されていました。 参考までに,改定前版と改定後版の該当ページの画像を載せておきます。 …

続きを読む

John先生

 John先生はアイルランド系アメリカ人で,ご両親の代の時に米国へ移住したそうです。私が彼に出会ったのは30年前,私が26歳の時,昭和60年12月でした。青年海外協力隊のマレーシア派遣候補生として長野県の駒ヶ根訓練所に入所した日に,私の英語のクラス(私を含めて訓練生4名)の担任として紹介されたのがJohn先生でした。私の派遣先はマレー語よりも英語が重視されていたので英語の研修を受けましたが,派遣…

続きを読む

若年の相談窓口15日から

いよいよ我が県でも若年性認知症専門の相談窓口が県総合福祉会館(サンシップとやま)に設けられるようです↓。 http://webun.jp/item/7290235 以前の記事にも書きましたが,A子とB男は3月の意見交換会に行って意見を述べさせてもらいました。 私達の意見が我が県の業務にどのように反映されるのか,されないのか? 今日の夕方,県庁の担当の方と,妻のボランティア先の…

続きを読む

排泄時刻を予測する装置

こんなのあるんですね↓。 もうトイレに焦らない! 排泄予知ウェアラブルDFree うちのA子さんが自分でトイレに行けなくなる頃(数年後?)にはもっと小型で便利になっていることでしょう。開発した会社さんを応援します! そうそう,ウェアラブルと言えば,物忘れが激しい人にメガネ型のデバイスを掛けさせて,「次は○○をやりなさい。」という指示を文字と音声で出してくれる物できないかなあ…

続きを読む

三男坊の受験物語

 今回は,我が家の三男坊のお話です。平成24年3月の県立T山高校の合格発表掲示板に,三男の受験番号はありませんでした。父子で何度も探しましたが,ありませんでした。私にとっては昭和50年の自分の合格発表以来の母校での合格発表でしたが,まさか自分の子供が落ちるなどとは思いもよらず,目の前が真っ暗になり,その後数日間は放心状態でした(長男,次男はT山高校を受けるまでの学力がなく,T山H高校に進学しまし…

続きを読む

↓↓↓ 最後にポチッとお願いします。 ↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
(NHK)初期認知症と生きる 私たち抜きに私たちの事を決めないで NHK_Prog_Logo.jpg