こどもの日

 5月5日はこどもの日でした。我が家は未成年の三男が県外の大学に進学し,同居している大学4年の次男は就職活動で忙しく,こどもの日なんて関係ないやと思っていたら,ひとりいました。少しずつ子供に返っていく私の妻です。元々出不精で仕事優先の暮らしをしてきたこともあり,「〇〇へ行きたい。」,「△△が見たい。」などと言う人ではなかったのですが,そばが好きなので,天気も良いし,クルマで利賀(とが)へそばでも食べに行ってくるか?と誘ってみると,珍しく話に乗ってきました。

 八尾(やつお)経由の山道を通って旧利賀村(現南砺市利賀)に着きました。百瀬谷(ももせだに)の,とある集落では子供の獅子舞をやっていました。車を停めてしばし見学した後,百瀬川の両岸に渡してある鯉のぼりの群れをバックに写真を撮りました。トンネルを通って利賀谷側に抜け,そばの郷でそばを食べました。私は山菜山かけ,妻はざるそばを注文しました。店を出てから話し合い,普段我が家でゆでて食べている山形の「とびきりそば」の方がおいしいねという結論に達しました。

 せっかく五箇山(ごかやま)まで来たので,合掌集落でも見ていこうということになり,国道156線を南下して菅沼集落の入口まで行きましたが,駐車場が満杯ということで諦め,さらに南下して岐阜県側の白川郷(しらかわごう)へ向かいました。3つめの駐車場に空きがあり,500円を払って無事クルマを置くことができました。すごい人でした。私の目と耳によるおおざっぱな調査によれば,中国語を話す人が5割,日本人が4割,その他外国人が1割という感じでした。集落内と展望台で自撮りをし,合掌造りの家の外壁に貼り付けてあるかかしの衣装の前でも写真を撮りました。

第11話a_鯉のぼり.jpg

白川郷1.jpg

白川郷2.jpg

第11話d_かかし.jpg

後日これらの写真を妻に見せ,どこへ行ってきたの?の尋ねると,元気よく,「あいのくら~(相倉)」(注:富山県側の合掌集落名,白川郷ではありません。)と答えていました。さらに後日また同じ質問をすると,「かかし祭り~」と答えておりました・・・・・。おめでたい人です。


この記事へのコメント

↓↓↓ 最後にポチッとお願いします。 ↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
(NHK)初期認知症と生きる 私たち抜きに私たちの事を決めないで NHK_Prog_Logo.jpg