A子が迷子になりました!

今日のウェリントンは朝からずっと雨でした。
午前中、Zealandiaという郊外の鳥獣保護区(有料)へ行き、いろんな鳥(飛べないやつも)を見て、そこで昼食を食べてから街に戻りました。

歩き疲れたので市立図書館の2階のカフェで濃いエスプレッソを飲み、その後眠くなった私はうとうとしていました。
ふと眠りから覚めると、

A子「私、トイレに行ってくる。」
B男「大丈夫?一人で行ってまたここまで帰って来れる?」
A子「うん。大丈夫。」

それっきりA子は私たちが座っていた場所には二度と戻ってきませんでした。

30分くらい経ち、私のスマホからA子の携帯電話に電話を掛けましたが、2台とも海外で通話ができる契約をしてこなかったので、スターを押して1,2,3を押せみたいなメッセージが英語でありましたが、あきらめました。

意を決して二人分の荷物を持ち、図書館内の捜索を開始しました。

しばらくすると、館内放送で、「Mr.xxxxxxxxx」と自分の苗字が呼ばれたような気がしました。

どこから音がしたのだろうとあちこち見回しながら、1階を見下ろしてみると、メイン?カウンターの前に現地のおばさんと並んで立つA子をを発見しました。

ああ良かった!

予め英語で書いて首からぶら下げさせておいた迷子札が役に立ちました。
今日は最終日で、ホテルの部屋で迷子札が見つからなかったので、なしで1日過ごそうかと一瞬思ったのですが、A子が自分で探し出してぶら下げていたので、間一髪セーフでした。

保護してくれた地元の白人のおばちゃんに感謝、感謝、感謝でした。


目の前にトイレがある場合は除き、視界から外れたところにトイレがある(トイレの看板が見えない)場合は、絶対に一人でトイレに行かせてはだめだと肝に銘じました。

今はウェリントン空港でこれを書いています。
目の前には妻が座っています。

とりあえず良かった。


この記事へのコメント

  • みっちゃん

    A子さん見つかって良かったです。
    ほんとうに 大事に至らず良かったです。

    来年になりますが
    旅行の行先は
    台湾です!
    2016年11月07日 20:50
  • B男

    みっちゃんさん、コメントありがとうございます。
    肝を冷やしましたが結果オーライでした。

    だんな様と一緒に台湾へ行かれるのならば、英語と中国語で書いた迷子札をぜひご主人の首からぶら下げることをお勧めします。

    例えば、このサイトで個人名などを入力すればカードが作れますよ。
    http://dementiaassistancecard.com/

    2016年11月08日 15:57
  • みっちゃん

    ありがとうございます。
    実行させてもらいます。
    台湾旅行は 兄夫婦と一緒なので
    心強く思っています。
    外出先での トイレ問題は常にありますので 兄が一緒なのは 助かります。

    2016年11月08日 17:21
↓↓↓ 最後にポチッとお願いします。 ↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
(NHK)初期認知症と生きる 私たち抜きに私たちの事を決めないで NHK_Prog_Logo.jpg