こどもの日

 5月5日はこどもの日でした。我が家は未成年の三男が県外の大学に進学し,同居している大学4年の次男は就職活動で忙しく,こどもの日なんて関係ないやと思っていたら,ひとりいました。少しずつ子供に返っていく私の妻です。元々出不精で仕事優先の暮らしをしてきたこともあり,「〇〇へ行きたい。」,「△△が見たい。」などと言う人ではなかったのですが,そばが好きなので,天気も良いし,クルマで利賀(とが)へそばでも…

続きを読む

入学式

 三男の大学入学式に出席するため,平成28年4月5日(火)の夜,妻と私は仙台行きの夜行高速バスに乗り込みました。バスは通常の2+2の4列シートではなく,座席が完全に独立した3列シートで,前後の間隔も広く,背もたれを大きく倒すことができる,言ってみれば寝台バスのような感じです。高岡<->仙台の高速バスは,宮城交通と富山地鉄が共同運行しています。三男のアパート入居のために3月31日(木)…

続きを読む

John先生

 John先生はアイルランド系アメリカ人で,ご両親の代の時に米国へ移住したそうです。私が彼に出会ったのは30年前,私が26歳の時,昭和60年12月でした。青年海外協力隊のマレーシア派遣候補生として長野県の駒ヶ根訓練所に入所した日に,私の英語のクラス(私を含めて訓練生4名)の担任として紹介されたのがJohn先生でした。私の派遣先はマレー語よりも英語が重視されていたので英語の研修を受けましたが,派遣…

続きを読む

三男坊の受験物語

 今回は,我が家の三男坊のお話です。平成24年3月の県立T山高校の合格発表掲示板に,三男の受験番号はありませんでした。父子で何度も探しましたが,ありませんでした。私にとっては昭和50年の自分の合格発表以来の母校での合格発表でしたが,まさか自分の子供が落ちるなどとは思いもよらず,目の前が真っ暗になり,その後数日間は放心状態でした(長男,次男はT山高校を受けるまでの学力がなく,T山H高校に進学しまし…

続きを読む

ケイコと桂子

 私がほぼ毎日チェックしているブログを二つ紹介します。一つ目の主人公は「ケイコ」さんです。ブログのタイトルは,「ケイコさん明日は覚えているの?」で,実の娘さんが,アルツハイマーの母ケイコさん(昭和16年生まれ,要介護1)を近距離介護(毎日おかずを届け,千円を渡し,薬カレンダーをチェックするetc.)する日々を綴っておられます。このブログの最大の特徴は,実の母に対する過激な表現です。ブログ本文に出…

続きを読む

↓↓↓ 最後にポチッとお願いします。 ↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
(NHK)初期認知症と生きる 私たち抜きに私たちの事を決めないで NHK_Prog_Logo.jpg